お元気ですか?ワタシは元気です。

平日は家と職場の往復だけ!休みの日は1ミリも動きたくない!お金はできるだけ使いたくない!無精者のサラリーマンが快適で倹約なインドア生活を探求するブログ。

【ワタシ的考察】タバコ辞めて6年目。どうやってタバコを辞めたのか思い出してみる。~その1~

f:id:GITTAN:20200519170421p:plain

ども。過去何回か書いたかもしれませんが、タバコを辞めて5年が経過しました。一度は禁煙に失敗しましたがなんとか辞めることができました。今も吸わずにいるっていうのは感慨深いものです。

 

 

一日一箱は普通でした

ワタシはヘビースモーカーとまでは行かないと思いますが、一日一箱は確実に消化していましたね。お酒が入ると2箱行くときもありましたね。

 

タール強めがお気に入りでした

ワタシが主に吸っていた銘柄は『赤ラーク』でしたね。サブの銘柄は『セブンスター』か『マルボロ』。肺にガツンとくるタール強めの銘柄を好んでましたね。

 

タバコの値上げで最終的には、節約と肺にガツンを兼ね備える『エコー』に落ち着きました。

 

辞めようと思ったきっかけ

ある俳優さんのがん公表の記者会見を見て。以前の面影もないほど病魔に見舞われている姿を見て、他人事ではないと心から思ったから。30代も後半になっていたので、家族やこども、なにより自分のためにも健康には留意すべき年齢になったと自覚しようと思いました。

 

最初に吸う本数とタール数を下げました

今日できっぱり辞める!というような事はしませんでした。どうせ吸っちゃうから。なので、とりあえずタール軽めの銘柄に変更し吸う本数を減らしました。いつも2本だったところを1本のように。

 

吸う回数を減らしました

喫煙は習慣なので、一日の中で喫煙がルーティーンとなってるタイミングがそれぞれあると思います。ワタシの場合は『朝コーヒーと』、『会社着いて』、『食後』、『飲酒時』はだいたい喫煙がセットだったので、どれかを辞めてみたりして喫煙のルーティーンを減らしました。これだけでも結構な本数を抑えることができます。

 

それ以外にも、タバコが吸いたいと思った時になるべく吸わないように心がけるようにはしましたが、あまりうまく行かなかった気がします。

 

『後で吸おう』と喫煙をなるべく先送りする

どうしても吸ってしまうので、吸いたい衝動が襲ってきた時に『後で吸おう』と喫煙を先送りするように思考を変えました。

 

今めっちゃ吸いたいけど。。。今はちょっと無理なんで、後で!と思ってホントに1時間後に吸うとか。

 

こうやって少しずつ『今は吸いたくないんだな』って自分の脳を騙していく事を繰り返すことにしました。。。とさ。

 

つづく

 

www.wannabies.work