お元気ですか?ワタシは元気です。

関西在住の40代半ば会社員による、めちゃくちゃインドアな雑記ブログ

蜘蛛と蛾の一触即発から考えた危機管理能力

*当ブログはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク

蛾と蜘蛛の一触即発

こんにちは~。

ある夏の日、お家の外壁に蛾が止まっていました。そこに現れたのは蜘蛛。

大きさにして、リッツ一枚くらいの蛾とアポロチョコくらいの蜘蛛。

その小粒の蜘蛛が、外壁に止まる大粒の蛾を狙うような仕草でジリジリと近づいていく場面でした。

「これは、食物連鎖的な見た目ではわからない弱肉強食の世界が繰り広げられるのか?!」と期待が一気に膨らみ、しばらく二匹の様子を観察していました。

一向に動かない蛾にジリジリ歩みよる蜘蛛。

二匹の距離が縮まるにつれて増していく緊張感。

ついに、その距離が蜘蛛の射程圏内に入った時。

 

蜘蛛は足早に蛾の真横を通り過ぎて行きました。

サササ・・・・っと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何もないんかい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観察することおよそ3分。期待を盛大に裏切られて、、

時間返せ!と思ったが。

人間よりも危機管理能力が高いと思った。

ふと、ワタシも怖い人いたら静かに通り過ぎるし、一緒かぁと思いました。

むしろ、真横まで近づいたこの蜘蛛は根性あるかもしれない。そもそも、その蜘蛛がビビって逃げたっていう証拠はないんですけどね。イメージですよ、イメージ!

 

君子危うきに近寄らず。

 

このことわざを思い出しました。

人間に限らず、全ての生き物に危機察知能力ってのが備わってて、危険を回避すると聞いたことがあります。

それって、もっと詳細に言えば危険にあってから回避するんじゃなくて、危険にあわないように回避するってことですよね。多分。

たまに、自ら燃え盛る炎のなかに飛び込んでいく人を見ますが、人間の方がその危機察知能力を上手く使えてないのかなと考えましたね。

それに、危険に直面したら逃げるが勝ちとも言いますしね。

本来、危険に遭遇しないように行動し、危険に直面したら避難する。

人間よりも、動物たちのほうが危機察知能力が本能的に優れているのかなと感じましたね。

今日も最後までありがとうございます!ポチリとお願いします!めっちゃ喜びます! 
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへにほんブログ村ぐうたら日記ランキングTwitterもやってます!フォロー大歓迎です!!

 

www.wannabies.work